北明やまざと幼稚園
通信やまざと

保護者各位                               北明やまざと幼稚園

                                                                                                                   文責 松岡 公代

                                                                                                                              番外編 13

一学期が終了しました。やまざとっ子達が元気であったことが何よりだと思います。

『16歳から21歳の少年少女たちが、友達のやはり16歳の少女を殺し、そのことを携帯のライン上で会話している』と言う、衝撃的過ぎる事件が起きて、連日その情報が流れています。常識的に考えられない内容ですが、他人事に捉えず皆さんもその背景を少し考えてみてください。

この子達は16歳です“保護者はいったい何をしていたんだ?”命をどう考えていたんだ?“義務教育期間はどんな子だったんだ?”“どうしてこんなに切れる子たちが育ったんだ?”……でも……やっぱり……親は何をしていたんだ?に尽きます。

我が子と向き合う、貴重な夏休みですからこそ、この子達がどう育っていって欲しいのか、可愛い寝顔でも見ながら考えてください。

子ども達を取り巻く環境や状況がドンドン悪くなっているような気がしてなりませんが、基本の家庭をしっかりとしたものにしていきましょう。サテサテ夏休みです…子ども達に『安心、安全、危険』をよく伝えてください。そして親としての意識も引き締めて

 〜最低限子供に何を教えるか〜

「大きな声で助けを呼ぶんだよ!」と教えても、優しいおじさんが急に変身するまで子供には危険の認知はありません。(本当は優しいおじさんが、ほとんどなんですけどね!!)

また急にその時に大きな声を出して叫ぶ事ができるかと言うと、恐怖心が先にたつとまず声を出す事は出来ないでしょう。大人でも同じです。

幼児期はとにかく、知らない人には付いていかない、が原則です。

 〜1人で出歩かない〜

最近の事件は以外と静かな田舎町で起きています。十勝も安心は出来ません。

子ども達には『1人で遊びに行かない』という事を徹底的に植え付けるべきです。

『どこに行くか親に言ってから出かける!!』というのは小学生です。幼児はまだまだ親の保護下です。

この約束事を大人側が肝に銘じて徹底すべきだと思います。

 〜とにかく 逃げる〜

「知らない人には付いて行かないんだよ!」と教えても、本人の意思に関わらず連れて行かれそうになることだってあります。

そんな時の近所の具体的な逃げ場所をたくさん教えておくといいです。

近くのコンビニ、友達の家、知ってるおばさんの家、よく買い物に行く店、病院、ガソリンスタンド、など子供をつれて歩いて教えてください。そして どこでもいいから飛び込んで逃げる事。

また〘SOSの旗の家〙のことも教えたらいいですね。

 〜町内会として〜

出来れば町内会の組織(特に子ども会)で協力し合うのも大切です。

私の住む町内会は息子達が小学生の時は帯広一の大所帯と言われ、一時期子ども会の人数が130名を越えました。

夏休み中は日中、戸外で遊ぶ子供たちの声でとっても賑やかでしたが新興住宅地でもあったので、コンビニなどの明るい建物もなく夜は妙にシ〰ンとしたもの。

そこで……〔夜の10時までは各家庭の玄関灯をつけておきましょう〕と言うことにして極力皆で協力し合うことにしました。街路灯も切れていないか確認し、街路樹も余分な枝払いを依頼しました。

省エネとは逆行ですが、安全の為出来るだけどの家もピカピカと門灯をつけています。

このことは幼い子ども達よりも以外と中高生の女の子を守る事につながっています。

ただこのような事は、誰かが声を上げなければできない事ですね。

事件が起きてからでは遅いです。

大人が安全の対策を考えていきましょう。

特に夏休みは開放的ですから、子ども達の為に出来ることを考えてみてください………

2013年7月23日 9:10 - カテゴリー: やまざと通信
このページのトップへ
帯広みどり学園
〒080-0022
北海道帯広市西12条南30丁目1-2
TEL.0155-48-0586(代表)
FAX.0155-48-0537
【ひまわり幼稚園】
TEL.0155-48-5151
【第二ひまわり幼稚園】
TEL.0155-48-1356
【やまざと幼稚園】
TEL.0155-62-5026
Copyright© 学校法人 帯広みどり学園